PDCAサイクルを使えるようになるおすすめ習い事 プログラミング教室

英語に続いて、2020年度から小学校でプログラミングも必修化されました。

小学校でパソコンやタブレットを活用しながら、プログラミング学習を実施することの狙いはIT技術を積極的に活用することで主体的に学ぶ姿勢や論理的思考力などを磨くこと。

学校以外でも小学生のお子さんにプログラミング教育を受けさせたいという親御さんが現在急増中です。

プログラミングとは、人間が「これをして欲しい!」ということをコンピューターに指示するための行動のこと。その行動のことを「プログラムを書く」とも言います。

コンピューターに理解できる言葉=プログラミング言語を使って、コンピューターに命令をします。

今の時代、プログラミング無しでは生活が成り立たないほど世の中はプログラミングで溢れています。

例えば自販機でボタンを押すだけで飲みたい飲み物が出てきたり、インターネットで買い物をしたりお店を予約したり、オンラインゲームをしたり、お風呂の追い炊きをしたり、スマホでやっていることも全てプログラムが設定されているから成り立っているのです。

昨今の国際化社会の中でIT技術が一切使われないビジネスはほとんどありません。

プログラミングが出来るようになることはただ単にパソコンをスムーズに使えるようになったりするといったことではなく、どんなことにも応用できる論理的思考力がつくということ。

また、失敗や実験を重ねながらたくさんの成功体験もしていくことで問題解決能力も養われます。
そしてそういった能力は企業にも求められますし、自分で何かビジネスを起こす場合にも必ず役に立ちます。最終的には将来のキャリアの選択肢を増やすことにつながるということですね。

プログラミングの習い事って何をするの?

プログラミング教室の内容は、それぞれのプログラムや子どもの年齢、レベルによって異なっています
小学生低学年くらいの子ども向けには、プログラミングの入門として「スクラッチ」と呼ばれる入門向けのプログラミング言語を使用して簡単にゲームなどを作っていきます。

スクラッチなどの子ども向けのプログラミング言語はブロックを組み合わせてプログラムを作れるるので、小さい子でも楽しく学べるのがポイント!
レベルが上がって行くと実際のwebサービスやアプリを作るのに使っているプログラミング言語を使った本格的なプログラミングに挑戦することもできます。
教室によっては、年齢の近い大学生が教えてくれる教室も。

アプリやサービスだけでなくロボットも作れる

プログラミング教室の中には、スマートフォンやweb上で楽しめるアプリなどだけでなくLEGOなどで作ったロボットを実際にプログラムして動かすことができる教室もあります

粘土や図工の授業など、ものづくりが好きな子どもやラジコンなどのロボットが好きな子供にもオススメできる習い事と言えますね。
実際にアプリやサービスを自分で作って世界に配信するという子どもも増えてきています。
自分の子どもがFacebookやTwitterなどの世界的に有名なアプリなどを作る日がくるかもしれません!

プログラミングは何歳から?

「プログラミングって言うけど何歳からはじめればいいの?」と感じるパパママは少なくありません。
子ども向けのプログラミング教室といっても、おもちゃではなく実際のパソコンを使ってプログラミングをするので基本的なコミュニケーションと文字が読めることは必須。

そうなると、大体小学生低学年ごろから実際にプログラミング教室に通わせ始める家庭が多いそうです。
本格的なプログラミングはローマ字が理解できることも必要になりますが、入門としてのプログラミングが視覚的に学べるものが多いので、まだローマ字が理解できなくても大丈夫!
教室やコースによって対象年齢などは異なるので、候補の教室のHPなどで事前に確認してみてください!

子どもの習い事にプログラミングを選ぶメリット

2020年から小学校にもプログラミング教育の導入が検討されています。ここでは、そんなプログラミングを習うことのメリットを紹介します。

プログラミング力が身につく

1つ目のメリットは、プログラミング力が身につくこと。
小学校でのプログラミング必修科が検討されているようにプログラミング力は、国語や算数と同じように特別な能力というよりも基礎的な教養の一つになってきています。

エンジニアやデザイナーなどになるつもりがなくてもプログラミングの仕組みやITに関する知識があることは、将来どんなキャリアを歩んでも役に立ちます。
実際に、文系の職種に対してもプログラミングやITに関するスキルが要求されることも多くなってきています。
プログラミング力があることでキャリアの幅が広がるということですね!

論理思考能力が養われる

2つ目のメリットは、論理思考能力が養われること。プログラミングには論理的な思考力が不可欠。
しっかりとしたルールに則ってコードを並べないと思った通り動かないということが頻繁に起こります。だからこそ、ルール(文法)をしっかり理解して、動かない場合には何が違ってどう修正すればいいのかというのをひたすら考え続けなければいけません。
自分の頭の中で考え続けることで論理思考の訓練にもなり、どんどん思考能力を高めることができます

自主的に勉強する姿勢

3つ目のメリットは、自主的に勉強する姿勢が身につくこと。
プログラミングにはインターネット上に参考資料や困った時の解決策があふれています。だからこそ分からないことがある場合には、自分で調べて自分で解決するという習慣が当たり前。

もちろん習い事としてのプログラミング教室では先生が丁寧に手取り足取り教えてくれますが、上達していくに従って自分で調べて解決する姿勢が重要になってきます。
この姿勢は、プログラミングに限らず新しいことにチャレンジする際には必ず必要になってくるので一生役に立つ能力と言えます!

ものづくりの楽しさを実感できる

4つ目のメリットは、プログラミングを通じてものづくりの楽しさを実感できること。
パパママも小さい頃に図工の授業や砂場遊びなどで好きなものを作って「楽しい!」と感じたことがありますよね?自分の手で想像したものを形にする経験は子どもの創造力を高めて、ものづくりの喜び感じさせてくれます。

無料体験プログラミング教室

体験談~小学一年生の息子のオンラインプログラミング教室の体験について~

講師とZoomで画面共有をし授業は展開していきます。

オンラインで小学一年生が理解者できるかと最初は不安でしたが、90分授業が終わる頃にはすっかり慣れ、自分だけのオリジナルゲームを喜んでいました。

オンライン授業の良いところの一つは自宅で出来るということですが、もっと良いことがあると思いました。

子どもは自分のパソコン画面だけに集中していれば良いということです。先生も画面共有しているため、目が行き届きやすく、すぐに質問や指導を受けられるということです。

あんず堂は授業の前に目標設定と最後にアウトプットの発表の場を設けていました。
子どもたちにロンリテキ思考力と問題を解決する力、発想力と自分の考えを伝える力をつけることを重視しているようです。

プログラミングが必須科目となり、自動車免許のように当たり前のスキルになるかも知れない未来です。

あんず堂はただスキルをつけるだけではなく、こどもの能力を引き出してくれそうな教室だと感じました。

子どもも集中し取り組みとても充実、満足し楽しかったようです。