コーチング

コーチとは、

もともと

「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」

という意味の「馬車」のことを指し、

そこから

「人の目標達成を支援する」

という意味で使われるようになってきました。

コーチングは、

現在、組織のマネジメントにおける人材育成・人材開発手法として、

多くの企業や組織が導入しています。

人と組織の可能性を開くために、

今や、リーダーやマネジメントに求められるべき能力です。

また、対話によって、自分の頭が整理され、

日々の生活の中でのさまざまな悩みの解消にも

役立ちます。

コーチとの効果的な対話は、

新しい気づき、

考え方や行動の選択肢を増やす、

行動を促進する等の効果を生みます。

ここで重要なのは、

コーチが教えたりアドバイスしたりするのではなく、

相手(クライエント)が主体性をもって目的を実現させていくところにあります。

コーチとクライエントの対話は、

関係構築の上で成り立っていき、

「答えは自分の中にある」

このマインドがコーチに必要不可欠なマインドです。