副業のススメ

働き方改革により、副業を行うことを政府が推奨しています。また、大手企業で副業を許可する企業の増加や、コロナによるリストラ、在宅での仕事の増大により、会社に雇われない働き方など、未来を生きていく上で働き方の改革は、必至です。

しかし、副業と一口に言ってもさまざまな種類の仕事があり、どのような副業に取り組めばどれほど収入を得られるのか分からない方も少なくありません。

そこで今回は、本業をやめずに起業して取り組める副業アイデアと、成功させるためのコツについて解説します。これから副業を始めたいと考えている方は、参考にしてください。

仕事をやめずに起業するメリットとは?

これまでは、本業である会社をやめてから起業することが一般的でした。しかし近年では、本業を辞めずに副業を行う方が増加傾向にあります。
理由としては、従来の「本業である会社をやめてから起業」という方法に比べて、多くのメリットを得ることができるからです。

ここでは、仕事を辞めずに起業する副業のメリットについて解説します。

金銭的なリスクが少ない

従来の起業方法では、収入源が1つとなるため事業がうまくいかなかった場合、
無収入となり、生活に大きな影響を与える可能性がありました。

生活に関わるリスクを抱えた状態では、
事業活動でも焦って選択を誤り、思ったような結果を出すことができず失敗することもあるでしょう。

しかし、本業をやめずに副業することで、継続して安定収入を得ることができるため、
金銭的なリスクが少なく、余裕を持って事業活動を行えるようになりました。
また、生活に関わるリスクを抱えずに事業活動に取り組むことができるため、さまざまな選択にも余裕ができ、事業がうまくいく可能性も高まります。

副収入を得られる

本業をやめずに起業すると、本業以外の副収入を得ることができるため、
単純に本業だけの状態よりも収入が増えます。
もちろん、収入を増やすためには、開業した事業で成果を出すことが必要です。

本業の収入に加えて、副収入を得られることは、非常に大きなメリットです。
また、業種にもよりますが、起業して取り組む事業の収入には限度がありません。
そのため、副収入でありながらも、本業以上の収入を目指すことも不可能ではありません。

将来的に独立も可能

本業を続けているうちは、あくまで副業ですが、
事業が軌道に乗れば将来的に独立して開業することも可能
です。
前述した通り、起業して取り組む事業の収入は限度がありません。
そのため、本業を続ける必要がなくなるレベルにまで事業を拡大させることもできます。

ただし、本業を続けながら副業に取り組んでいくことにも、メリットはあるため、
独立するタイミングには見極めが必要です。
独立を考えても良いタイミングは以下の通りです。

  • 副業だけで生活できる収入を得ることができるようになる
  • 副業の収入が本業の収入を超える

独立を考えるためには、最低でも副業の事業だけで生活できるほどの収入を得られるようになってから、考えると良いでしょう。

【副業におすすめ】成功例の多い起業アイデア4選

パソコンがあれば誰でも始められるようなビジネスは、成功例も多いため、幅広い人におすすめの副業です。ただし、パソコンがあれば誰でも始められるようなビジネスは、IT社会における現代では数多く存在し、何を選択すれば良いのか迷っていまします。

ここでは、そのような業種の中から特に選ばれている起業アイデア3選を紹介します。

アフィリエイト・ブロガー

 

 

フリーランスのWebライター・デザイナー・エンジニア

 

ネットショップ

■Shopifyとは
世界シェアNo.1のECサイト作成ツールです。
日本市場はたった1年で300%以上も流通総額が増加するなど、まさに今きてる最高のツールです。

日本では同じジャンルの製品としてBASEがあります(2020年は株価が10倍〜15倍になったことでも有名)。
それぞれの事業者のターゲットは
・BASE→立ち上げから月間数十万円規模のECストア(無料プランあり)
・Shopify→立ち上げから月間数百億円規模のECストア(販売には有料プラン$29(3000円くらい)が必須)
となっています。

・個人が趣味でECサイトをやるならBASE。
・今後ECをちゃんと事業として取り組んでいくならShopify一択

めちゃくちゃ熱いShopify市場ですが、デザインを自由にカスタマイズできるエンジニアはほとんどいません!!!
Shopifyエンジニアは、まさにブルーオーシャンです!

テックギーク無料カウンセリング

 

 

 

自分のコンテンツ販売