失敗しない習い事の選び方!7つのポイント

子どもの自宅で学習指導する家庭教師には、塾では得られないメリットが満載です。しかし、選び方を間違えると、かえって成績が低下する事態にもなりかねません。

本記事では、家庭教師選びで失敗しないために7つのポイントを解説します。お子さんの成績を上げるために家庭教師を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

家庭教師のメリット

家庭教師には塾や学校とは異なるメリットがあります。それぞれのメリットをうまく活かすことができれば学力を飛躍的に伸ばすことも可能です。ここでは、学校や塾との違いに触れながら、家庭教師の具体的なメリットをご説明します。

基本的に塾や学校では集団で授業が行われるため、すべての生徒が個人の学力に応じて学べるわけではありません。その点、家庭教師はマンツーマンで指導にあたるので、生徒の学力を把握しやすく、それに基づいた指導計画を作成できます。

また、集団授業では、わからないところがあったとしてもスケジュール通りに授業が展開されていきますが、家庭教師による授業ではつまずいた部分が理解できるまで指導を受けることも可能です。生徒それぞれのペースにあわせた専用の学習ができるため、勉強が全くわからなくなるというリスクが少ない点が最大の長所といえるでしょう。

塾の集団授業はカリキュラムが事前に組まれているので、授業が計画的に進んでいきます。その一方で、生徒が学校や家庭の用事で授業に参加できないケースも少なくありません。一度授業を休むと次の授業の内容がわからなくなる恐れがあります。

家庭教師の場合は、教師と個人が相談しながら授業日を決めるのが一般的なので、時間の融通が利きます。たとえば、部活動の大会が迫っている場合は部活に専念できるよう授業日数を減らしたり、かぜで体調が悪い場合は無理せず休養したりできます。したがって、ライフスタイルが変則的で塾に通えない生徒などは家庭教師を検討するとよいでしょう。

家庭教師のメリットの一つとして見過ごせない点が子供の学習状況を確認しやすいことです。塾では、たくさん講師がいるのできめ細かいサポートが受けられる一方、実際どのような指導が行われているかを直接確認できません。

その点、家庭教師は生徒の自宅で指導を行うので、子供が勉強している姿を確認できます。また、保護者が教師と顔をあわせられる環境にあるため、学習状況について報告を受けることも可能です。

それと同じく、子供の学習について要望がある場合も伝えやすい点も家庭教師ならではといえます。次回の定期テストにおける点数・順位の目標や、重点的に指導してほしい科目などを気軽に共有できます。

大手の塾では、授業料はあらかじめ定められているので、価格を交渉できません。個人塾であれば可能かもしれませんが、生徒によって価格を優遇するのは不公平であり、気軽に交渉に応じてくれるとは限りません。

一方、個人で活動している家庭教師の場合は個人間で契約を結ぶことから、価格交渉の難易度が下がります。あらかじめ希望の値段を提案すれば良心的に価格設定してくれるでしょう。大学生などの家庭教師に依頼すれば、相場より安い金額で生徒を受け持ってくれることもあります。

失敗しない!家庭教師を選ぶポイント5選

家庭教師は選び方を間違えると、誤った指導をされたり、契約解除に至って気まずい思いをしたりします。その反面、適切に選ぶことができれば家庭教師ならではのメリットを享受できます。ここからは家庭教師選びに失敗しないように、選ぶポイントを7つ紹介します。

家庭教師のメリットデメリットを理解する

家庭教師を選ぶ際はメリットとデメリットを事前に理解することが大切です。そこで、メリットとデメリットを浮き彫りにするために、塾と比較することをおすすめします。

たとえば、塾に通えば自習室を利用したり、模試の手続きを行ったりしてくれますが、家庭教師を選択した場合はそのようなサービスは基本的に得られません。しかし、その一方で通塾する負担がないことから交通費が浮くだけでなく、通塾時間も節約できます。

このように塾と比較することで家庭教師のメリットやデメリットが思い浮かびやすくなります。家庭教師を選ぶことが決まっていても、塾と比較する視点を持っておくべきでしょう。

子どもとの相性を見極める

家庭教師に指導力があったとしても子供と性格があわず、学習中の負担が増えてしまうケースも少なくありません。

たとえば、雑談を交えながらコミュニケーションを密に取る教師に対して、学習内容をもっと先に進めてほしいと不満を抱く生徒もいるでしょう。また、話すのが好きではない生徒にとって活発な人物と対面し続けるのは苦痛になるかもしれません。

塾であれば事務員や室長などにその旨を伝えることで対処できますが、家庭教師の場合は保護者が本人に直接伝えなくてはならず、言い出しづらい場面もあるのが実情です。そのため、経歴や実績だけで家庭教師を選ばずに、体験授業などを受けさせてもらい、事前に子どもとの相性を見極めるようにしましょう。

学歴=指導力の高さ ではない

学歴がよいと指導力も高いと感じてしまうかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。なぜなら、学歴が高いと勉強で躓いた経験に乏しく、生徒が勉強でわからない理由について理解できないことがあるからです。

一方で、過去に勉強が苦手だった教師であれば、躓いた経験にもとづいて解決策を提案できます。加えて、勉強で悩んでいる生徒に共感してくれる可能性が高く、教師と生徒間の信頼関係も構築しやすいといえます。それによって、学習意欲が高まり、生徒の成績が向上するというケースも当然あり得るでしょう。

したがって、家庭教師を選ぶ際は学歴に惑わされないように注意しましょう。ただし、難関校を志望する場合は、合格した指導者の意見は有益であるのはいうまでもありません。それをふまえると、学歴とともに生徒に対する共感力を備えた人物が理想の家庭教師だといえます。

口コミを聞いてみる

家庭教師のHPや資料請求でも情報が得られますが、運営側の都合にあわせて情報が提供されていることがほとんどです。したがって、実際に利用した人から感想を聞くこともときには必要です。

ただし、企業の評判が良くても担当する家庭教師によっては指導力にばらつきがあり、納得のいく学習効果が得られないこともあるでしょう。そのため、友人や知人の口コミをもとに検討する場合は、必ず複数人の意見を参考にしてください。複数人の意見が高評価であれば、教師の質にばらつきが少ないとわかるからです。

仮に、友人や知人がおすすめする教師がいる場合は、よい指導者と出会えるチャンスとなり得るので、その人物の体験授業が受けられないか一度確認してみるのもよいでしょう。

迷ったら塾という選択肢も

家庭教師のメリットや選び方などを解説してきましたが、中には家庭教師の指導形態があわない生徒もいるため、迷った場合に塾を選択することもときには必要です。その際の参考になるよう、塾に向いている生徒の特長にも触れておきます。

塾では集団で授業が展開されるため、ほかの生徒と成績を比較できます。そのため、ほかの生徒と競い合いながら成績を上げることも可能です。当然、ライバル意識が強いほどモチベーションが高まるため、そのような生徒は家庭教師のもとで学習するより、塾に通ったほうが成績を上げやすいといえるでしょう。

自宅にはテレビやゲーム、食べものなど勉強の集中を妨げるものが揃っています。自分に厳しい真面目な性格であれば問題ありませんが、そうでない場合は自宅で勉強するのは非効率だといえます。

たいていの塾には自習室があり、中には勉強合宿を開いているところもあります。勉強の環境が整っていれば、家で集中できない生徒でも確実に学習時間を確保できます。したがって、自宅で机に向かう習慣が乏しい生徒は塾に通わせることをおすすめします。

家庭教師のホワイトベア

無料体験カウンセリングを受けてみた結果、90分3,300円というかなり低単価でありながら、学力向上に対してかなり自信があるところであるということが伝わってきました。 また、大学生などの学生が講師として教えていることもあるとのことで学びの場にいる講師からの教えというのは身になるものが多いのではないかなと感じました。 また、その反面当たり外れもあるように聞こえたのが少し残念なところです。

 

東大式個別別指導塾無料体験
一人一人に合わせたカリキュラムを組んでくれる。 1週間単位でのサポート、 基本自学で不明点を噛み砕いてくれるコーチングコース。 週1回面談 1ヶ月44,000円 一般的な家庭教師。ティーチングコース 一コマ60分5,500円 週1回の場合月22,000円

 

Global Step Academy|オンライン英会話の無料体験

 

IT×ものづくり教室LITALICOワンダーの無料体験申込み【リタリコワンダー】